通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2017年09月22日(金)

通販物流トピック:BtoB向け物流とBtoC向け物流の一括管理


こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの荻野です。

経済産業省の電子商取引に関する市場調査より、日本のBtoC EC市場規模は2010年では
77,880億円だったものが、2016年の時点ではEC市場規模151,358億円まで伸びており、
右肩上がりの成長を続けています。
また、EC化率(※)は、2016年度で5.43%で、こちらも2010年の2.84%から右肩上がり
で伸び続けております。

EC化率は、アメリカでは9%、中国では15%と言われていることを考えると、
まだまだ日本のEC化率も伸びる余地があると思いますので、
EC事業はまだまだ成長が見込まれる市場と言えます。
(※EC化率とは、すべての商取引の内、電子商取引が占める割合のこと)

先月末東京ビックサイトで開催されました、ロジスティクスソリューションフェアに出展を
しましたが、その中でも自社通販を検討しているという企業様の声を非常に多く感じました。

さて、卸や小売店向け販売と個人向け通販を共に展開されている企業様が増える中、
物流面においては、卸向けと通販向けの物流会社を分けて起用されている企業様が多いようです。
元々はBtoBのご商売からスタートをした企業様の場合だと、委託をしている物流センターはBtoB
対応が中心で、通販等の細かい物流業務のことがよく分からず、仕方なしにBtoCは通販に慣れた
物流センターに委託するという背景があるようです。

弊社へのお問合せの中でも、物流会社を集約したいという声を頂くことがよくあります。

もし、お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。




お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員