通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2016年12月27日(火)

改正物流総合効率化法施行の影響


こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの川合です。

年末を迎え、更に寒さも厳しくなっておりますが、皆さま、お変わりございませんでしょうか。

10月1日に、物流の効率化を目指した「改正物流総合効率化法」が施行されました。
通販事業者の皆様にはあまり馴染のない法律かもしれませんが、
実は今後、通販事業者の皆様にも関係のある(対応を求められる)法律となるかもしれません。

物流総合効率化法とは、物流を総合的かつ効率的に実施することにより、
物流コストの削減や環境負荷の低減などを図ることを目的とした法律です。
これまでは、大規模物流施設の整備による集約化・総合化を図った案件に対し、
税制上の優遇措置を与えられてきました。

しかしながら、昨今、物流業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
中でも、トラックドライバーの高齢化に伴う人手不足や、
ネット通販の普及に伴う貨物の小口化・多頻度化による積載率の低下などが
大きな問題となっています。

これまでも、対策として、宅配ロッカーの普及や、
路線バスや地下鉄を活用した宅配便の実施試験を行っていますが、
物流事業者や交通機関などが主体となっている事例が多いのが現状です。
まだ具体的な内容は出ていませんが、今後は、通販事業者としても、
積極的に取り組みをサポートすることが求められることが予想されます。

当日配送など、スピード配送を巡る競争が激化する一方で、
このような動きも視野に入れて今後のビジネスを推進していく必要が出てきそうです。

私達、鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、
お客様のご商売の形態1つ1つに適した形での通販物流業務をご提案させて頂きながら、
サービスレベルの向上にも寄与できるよう努めてまいります。

もし、お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。







お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員