通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2016年01月18日(Mon)

物流用語紹介:第12回「棚卸」について


皆さん、こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービス 石塚です。


寒くなってきましたね。年末年始の暴飲暴食でついた余分な脂肪を頑張って落そうと、
寒い中ジョギングに勤しむ毎日です。

さて、今回は「棚卸」についてお話しようと思います。

棚卸とは決算の前後において残存している商品の数量を数えて、
在庫金額がどのくらいあるのかを計算することです。
私も倉庫の現場で働いているときはお客様の在庫を1個1個数える作業をしておりました。

商品のアイテム数が多いと棚卸作業は時間も労力も掛かり、大変な作業です。

大変な作業ではありますが、会社の損益を把握するためには、とても重要な作業です。
棚卸で正確な在庫金額が把握できないと会社の業績もきちんと把握できません。

棚卸には半期や期末ごとに行う「定期棚卸」、対象の商品について期間を決めて連続して行う
「循環棚卸」などがあります。
帳簿上の在庫と実際の在庫に差異が発生しないように管理することが必要ですが、
そのためには物流の現場にて、毎日の作業を正確に行うことが重要だと思います。

鈴与では、正確な作業を行うために様々な取り組みをしております。

なぜ、在庫が合わないのか?

お困りの時には、是非お問合せください。


お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員