通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2015年12月24日(Thu)

フルフィルメント業務を見直す動き


こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの川合です。


年末を迎え、更に寒さも厳しくなっておりますが、皆さま、お変わりございませんでしょうか。


2015年、今年は、「ラグビーW杯での日本代表の活躍」や「マイナンバー制度の導入」、

「安全保障関連法の成立」・・・いろいろなニュースがありました。


通販業界に関するニュースですと、「機能性表示食品制度のスタート」など、

新しい市場の開拓につながるニュースもあれば、

「ヤマトのメール便廃止」や「大手通販事業者の個人情報漏えい問題」など、

業務系の仕組みに大きく影響するニュースも多かったような気がします。


拡大基調にある通販業界。

来年のトレンドで言うと、やはり売り上げを増やす(新たな需要を創出する)ような「オムニチャネル」や

「越境EC」がキーワードとなるでしょう。

しかしながら、この業界、競争は更に厳しくなってきています。

売上を拡大させる新たな取り組みを考えると同時に、厳しい競争に勝ち残っていくために、

今一度、業務の仕組みを見直すことをされてはいかがでしょうか。


ここ数か月、通販事業者様から、フルフィルメント体制を見直していきたいというお問い合わせが増えてきています。

物流で言うと、通販の配送センターとBtoBの配送センターを分けて運用しているところを一緒にしたい

(在庫を一元管理して在庫圧縮を図りたい)とうご要望が増えてきています。

お話を伺うと、多くのお客様は、これまでのサービスレベルは保ちながらも、

利益を増やすために今までのやり方を見直していきたいという思考が強くなってきていると感じます。


2016年、新たな年を迎えるにあたり、今一度、フルフィルメント業務の方法を見直されてはいかがでしょうか。


私達、鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、お客様のご商売の形1つ1つに適した形での

フルフィルメント業務をご提案させて頂きます。


もし、お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。




お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員