通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2015年01月18日(日)

通販業界トピック【多様化する商品受け取り方法】


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービス、今年後厄の川合です。

昨日、神社で厄祓いをしまして、身も心もさわやかな気分です。

さて、話は変わりますが、15日、日本郵便が、通販向けのゆうパック受取ロッカーを都内の郵便局に設置するという発表がありました。

実際には4月以降の取り組みのようですが、渋谷・世田谷の郵便局など、約30カ所に設置されるようです。通販利用者は、購入商品を近くの郵便局で自由な時間に受け取れるようになりますね。
このサービスは、楽天と連携によるもので、昨日、楽天から発表があった同様のサービス「楽天BOX」と同じ流れでしょう。

昨今、通販の商品受取の方法も多様化しており、
・配送会社の営業所止め
・郵便局止め
・コンビニ受取り
・店舗受取り
など、幅広いサービスが使えるようになっています。
一部、代引きが使えないなど、制限はありますが、以下のような利点があり、通販ヘビーユーザーを中心にじわりじわりと定着してきているという感じがします。
1. 不在がちなユーザーでも、好きな時に商品を受け取れる
2. 旅行先や出張先、日本全国で受け取れる
3. 住所がばれない
4. 近所や家族に何を買ったかばれない
5. 盗難防止になる(確実に受け取れる)

配送会社のコメントで、再配達のコストが収支を圧迫しているということも良くお聞きします。できるだけ配送回数を減らしたいという配送会社の狙いもあるのかもしれません。
今後、定着するかどうかよく見ていきたいと思います。

通販ビジネスに関わる各企業が、更なるサービス向上のために、いろいろな工夫をしながら切磋琢磨しています。
私たちも負けずにお客様の利便性を追求して、喜ばれるフルフィルメントサービスを提供できればと思っております。


さて、1月28日(水)1月29日(木)の2日間、イーコマースEXPO2015(東京ビッグサイト 西4ホール)に出展致します。
http://www.ecommerceexpo-japan.com/
配送課題だけでなく、他の物流の課題への取り組みもご説明させていただきたいと思います。
当社だけでなく、通販に関連する最新情報に触れる事が出来ますので、興味をお持ちの方は是非、足を運んでみてください。



お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員