通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2014年11月26日(Wed)

通販業界トピック【厳しい通販業界(その7) 消費税改定をチャンスに】


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの川合です。


21日の本会議で衆院が解散されることになりました。
7~9月期国内総生産(GDP)の値が2四半期連続のマイナスとなったという
発表の後、あっというまの決断でしたね。
その結果、衆院選が12月2日公示-14日投開票の日程で行われます。

通販業界にもいろいろな影響が出そうですね。

細かい事では、選挙の影響によって、この時期の新聞広告枠が取りにくくなったり
ギフト需要(お歳暮)が下火になったり、という問題もあるようです。

しかしそれ以前に、これからの国内景気の低迷不安による買い控えの影響
が最も心配となるのではないでしょうか。


安倍晋三首相は、今年4月の消費税率8%への引き上げ以降、
経済が低迷していることを受け、来年10月予定の10%への引き上げを
1年半先送りすることを決めました。

ある意味では、ほっとされている通販事業者の方も多いのかもしれませんが、
あるお客様の商品企画の方は非常に残念がっておりました。


そのお客様は、今年の4月の消費税アップの際に
「価格改定(値上)を行うべきか?据え置くべきか?」を悩んだ末に
価格改定を選択されました。

その選択は成功したようで、単なる消費税5→8%への改定ではなく、
定番商品の商品リニューアルも併せて行ったところ、一割ほど売り上げが伸びたということです。
やはり当初は、リピートのお客様が離れていくのではないか、という心配の声もあったようですが、
結果的には、内容量やパッケージを少しリニューアルしながら質の向上をアピールしたことで
成功に繋がりました。


このお客様は、今回の10%の引き上げもチャンスと捉え、かなり前から商品の改廃を計画されていた
ようで、非常に残念だと言っていました。
(実はさらに送料UPも計画していたようです・・・)


ピンチはチャンス。

こらから、混沌とする経済環境の中で、通販業界にも
色々な変化点が出てくると思います。



もし、お困りごとがあればお気軽に鈴与の通販フルフィルメントサービスにご相談ください。





お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員