通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2014年09月22日(月)

通販における商材分類につきまして

皆さん、こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの河野です。


先週はついに待ちに待ったiPhone6が発売になりましたね。
早速購入しようと、携帯ショップに行ったのですが、現在所有している端末の残価があり、
今買うのは得策じゃないようで、諦めました。残念・・・。


今回は通販における分類及び特性をご紹介致します。
通販においては大きく分けて2つあります。1.ギフト需要品、2.リピート品。
1.についてはビジネスグッズや食品があります。ターゲットは広範であり、一般的な商材になります。
加えて、継続的な購入は見込めず、年末年始・お中元・お歳暮等のギフト時期が再販のチャンスとなります。
また、一般的な商材が多い為、価格勝負になりやすいとも言えます。
2.は化粧品、健康食品があります。ターゲットは狭く、特殊商材となります。そして、定期購入が必要な
商材です。例えば、健康食品の場合であると、短期間では効果は出にくく、中長期で使用して効果が
出る商材である為です。


通販事業において、取り扱っている商材がどちらに入るか考える必要があります。
何故なら、その分類によって、事業戦略は大きく変わるからです。1.であれば単発で勝負しなければ、
なりませんし、2.であれば単発ではなく、中長期的に戦略を立てての勝負となります。


鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、物流会社ながら事業戦略のお話も可能ですので、
ご興味がありましたら、ご連絡下さい。お待ちしております。



お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員