通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2014年07月23日(Wed)

柔軟で強いフルフィルメント体制を築くには


こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの川合です。

7月15日、経済産業省は日本通信販売協会に対し、

「個人情報保護法等の遵守に関する周知徹底」を要請したと発表しました。


背景は、今回の大手通販事業者の顧客個人情報760万件の流出問題を受けてのことです。


経済産業省は、「会員に個人情報保護に関する体制、具体的措置等を改めて点検するとともに、

現場の担当者に限らず社内全体、委託先事業者等に個人情報保護の周知徹底を行い、

組織全体で適切な措置を講じるよう周知する」ことを通販事業者に対して求めています。


具体的には、第三者から個人情報を入手する場合は、

(1)個人情報保護法、経済産業省ガイドライン等に則って適正に入手すること、

(2)入手にあたっては個人情報保護管理者が適切に管理し、最終確認すること、

(3)入手しようとしている個人情報が、適法に取り扱われたものかどうか確認できないものは入手しないこと

が重要であるということです。


大切な個人情報を取り扱う通販事業においては、どの企業様も十分に対処をされていると思いますが、

今一度、仕組みを見直す良い時かもしれません。

それは、自社内のオペレーションだけでなく物流の委託先のオペレーションも見直しが必要です。


しかしながら、大切なのは「仕組みを作る事」ではなく、「確実に運用し続けること」です。


もし、現状で課題を抱えている通販事業者様、ぜひ一度お気軽にご相談下さい







お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員