通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2012年12月15日(Sat)

通販業界トピック【厳しい通販業界(その5)】

こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントチームの『シャア石井』です。



先日、「メジャー挑戦」を表明していた花巻東高校の「大谷翔平選手」が、日本ハムへ入団することが正式に決まりましたね。

メジャーから一転して日ハムへ...賛否両論ありますね...

高3夏の岩手県大会でアマチュア初の160km/hを記録したことから投手としてのイメージが強いですが、打者としても「松井秀樹」や「高橋由伸」と並んで評され、三冠王を狙える逸材との評価を受けている超・スラッガーです。

193cmで俊足・強肩と日本人離れしたメジャー級な身体能力を持ち、超・志が高い青年なだけに、個人的にはメジャーに挑戦してもらいたかったと非常に残念な思いでいます。



さて、通販事業者様は非常に厳しい時代を向かえています。


4年前ぐらいから倒産・廃業する企業が増えてきて、2010年からは更に増加しています。

(倒産会社の抜粋を最後に書かせていただきました)

つい4・5年前までは、ネット通販は「ローリスクで儲かる!」と、都内の一等地にオフィスを構え、羽振りの良かった企業が倒産していたなど、驚く状況ではなくなってきました。


通販市場は未だ年々成長し続けているのに、なぜ倒産企業が増えているのでしょうか?


答えは簡単です!


市場の伸びより店舗数の伸びの方が勝っているからです!

(↓こんなイメージ ※あくまでもイメージ図です)



昔の儲かった時代を引きずって杜撰な経営をし続けている会社や通販時流の変化についていけない会社は間違いなく倒産・廃業していくことでしょう。


そんな厳しい環境下で、しっかり利益を得て生き残っていくにはどうしたらいいでしょうか?(裏を返せばいいのですが)


続きは次回にしたいと思います!!


発送代行は210年以上の歴史あるプロの物流会社「鈴与」にお任せください!!




【2010年】

・ブランド品輸入販売、通販のA社が倒産

・時計の通販のB社が倒産

・婦人服製造卸、通販のC社が倒産

・家電通販D社が倒産、負債38億

・日用品通販E社が事実上の倒産、自己破綻申請へ

・日用品卸、通販F社が倒産

            ・

            ・

【2011年】

・大阪の婦人服卸、通販のG社が倒産

・島根のトマト栽培、通販のH社が倒産

・石川のパン製造販売、通販のI社が倒産

・雑貨卸、通販のJ社が倒産

・衣料品雑貨製造販売、通販のK社が倒産、負債30億

・和歌山の下着製造、通販のL社が倒産

・玩具通販のM社が倒産

            ・

            ・

【2012年】

・愛知のタオル卸し、通販のN社が倒産

・石川の茶販売、通販のO社が倒産

・香川の老舗うどん販売、通販のP社が倒産

・石川の食肉加工、通販のQ社が倒産

            ・

            ・



お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員