通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

2012年12月06日(木)

通販業界トピック【厳しい通販業界(その4)】

こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントチームの『シャア石井』です。


先日、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補34名が発表されました。

メジャーリーガーが不参加のため、前回より若返ったメンバー構成になりました。

個人的にはメジャー不在は寂しいですが、将来の日本野球界を背負って立つメンバー構成になったので良しとします。

しかし私が愛するマリーンズからは、残念ながらパ首位打者&ベストナイン『角中勝也』選手1名しか選出されませんでした。

2006年の第1回WBCでは、8名のマリーンズ戦士が選出されていたことを思うと...いや、考えないようにしよう!


さて、通販業界はアマゾンや楽天・ヤフーなど業界を牽引する企業が、商品ジャンル拡げ、新サービスを次々に展開し、勢いを増して強大化しています。

また、ベネッセコーポレーションの「Women’s Mall(ウィメンズモール)」に代表されるように、有力大手企業が独自の強みを活かせる分野で「No1確立」のために力を入れています。

新たにリクルートライフスタイルが2013年春を目処に通販モールである「ポンパレモール」を開始すると発表がありましたね。


独自(本店)で勝負する通販事業者様は「顧客の心をひきつけ維持させる」ものがないと、将来大手モールへの出店や商品卸しに頼るしか手がなくなってしまうのではないでしょうか。

そんな独自でがんばる通販事業者様の励みになればと「角中勝也」選手の生き様を紹介したいと思います。

経歴は、日本航空第二高等学校-四国アイランドリーグ(高知ファイティングドッグ)を経て2006年ドラフト7位でマリーンズに入団。

今年、開花して1軍に定着。パの首位打者&ベストナイン、日本代表に選出されるまでになりましたが、それまでの道のりは雑草魂そのものです。


高校時代は甲子園出場経験は無く、チーム内でも目立たない全くの無名の存在だったらしいです。

社会人から声がかからなかったため独立リーグに所属し、主食はハンバーガーと牛丼。

そこからプロに這い上がった日本人好みの超努力型の苦労人です。


自宅の一画にお父さんが作った練習場で、小学校1年の時からティー100本、高学年になるとマシーン200本を毎日こなし、独立リーグ時代にも夜の公園でバットを振り続けていたそうです。

そんな苦労も本人は「絶対プロに行くと決めていたので苦労とは思わなかった」と言ってます。

角中選手の中学卒業アルバムには「10年後の俺(プロで活躍する)を見ていろ」と書かれています。


我々も見習わなければいけませんね。まずは、自ら決心した絶対に揺るがない「目標」を持つことが大事。それさえ出来てしまえば必然的に目標達成に向け努力するし、その努力も苦労とは思わない、逆に楽しくさえ感じると思います。

当然企業たるもの計画・目標はあると思いますが、絶対に揺るがない断固たるものになっているでしょうか。

ちなみにお父さんは生まれる前から子供をプロ野球選手にすると決めていたそうです。(親子そろって凄い!)


そして、角中選手のゴールデンエイジ(10~12歳)に一緒に努力したお父さんの教育も忘れてはいけません。

我々の社会では、新入社員や新しく配属されてきたばかりの社員をゴールデンエイジになぞることができると思います。

最初の教育をどれだけ力をいれたかで、間違いなく成長度合いが大きくかわってきます。

絶対に教育を後回しにしてはいけません。


鈴与の通販フルフィルメントチームも角中選手の生き様を見習ってお客様のお力になれるよう断固たる決意を持って精進して参ります。


ぜひ、発送代行は210年以上の歴史あるプロの物流会社「鈴与」にお任せください!



お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員