通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 次ページ>

2017年07月26日(水)

物流センター・倉庫紹介:第15回 「新静岡物流センター」


こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの荻野です。

さて、今回は「新静岡物流センター」についてご紹介させて頂きます。
静岡市の内陸拠点として、2017年7月12日新静岡物流センターを竣工致しました。

同センターは、新東名高速道路 新静岡ICから約2kmに位置し、また2019年に全線開通予定の
中部横断自動車道 新清水JCTにも近く、全国多方面への輸送アクセスに優れています。
また海上輸送の拠点となる清水港コンテナヤードからも、国道1号バイバス経由で約20kmと
利便性の高いロケーションに立地しています。

<新静岡物流センターの強み>
◆LED照明の導入や太陽光発電設備の設置など省エネおよび環境負荷低減の対応を充実させ、
建築物の省エネルギー性能の認証制度である「BELS」において、静岡県の物流施設で初となる
最高ランクの「★★★★★(5STAR)」を取得し、省エネ性能に優れた物流センターです。

◆同センターの構法は、柱を鉄筋コンクリート造りとし、梁を鉄骨造りとした混合構造を採用しました。
物流センターなど積載荷重が大きく、また広い空間を必要とする建物に適した構法により、
柱間のスパンを大きくとることができ、フレキシブルな物流動線を確保することが可能です。

◆海抜100mに位置し、また非常用発電設備により停電時にも、物流機能を3日間維持できる体制を
整えた、災害に強い物流センターです。

◆従業員の休憩室は、リラックスできる空間をデザインし、シャワーブースも設けるなど、
働きやすい環境を整えています。

◆海上コンテナなどの積卸しに適した高床式バースと、パレット単位でトラックへの積卸しに適した
低床式バースの両方を兼ね備え、輸出入貨物と国内向け貨物のどちらにも対応できる機能を有しています。

<新静岡物流センター 外観>



<新静岡物流センター 概要>
名称:鈴与株式会社 新静岡物流センター
所在地:静岡市葵区牛妻1153番地6
営業開始:2017年8月21日
敷地面積:約15,900m2
倉庫延床面積:約16,900m2(4階建て)
従業員数:約100名

倉庫の最適立地にお悩みの方、当社の全国120ヶ所の倉庫ネットワークでご提案させて頂きますので、
まずはお気軽にお問い合わせください



2017年03月02日(木)

物流センター・倉庫紹介:第14回 「小牧物流センター」

こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの荻野です。

さて、今回は「小牧物流センター」についてご紹介させて頂きます。

当社が、愛知県の内陸物流拠点として同県小牧市に建設をしておりました「小牧物流センター」が完成し、
3月1日、竣工しました。

新物流センターは、東名高速道路 小牧ICから約5kmに位置し、
また東名・名神・中央自動車道が交わり交通の要所である小牧JCTにも近く、
中京圏だけでなく全国多方面への輸送アクセスに優れています。この立地を活かし、
食品など消費財関連のお客さまを中心に、最適な物流をご提供していきます。

【小牧物流センターの強み】
■天候に左右されない荷役オペレーションが可能となる、30m×100mの庇(ひさし)を設置し、
より効率的な物流サービスが可能です。
■同センターの構法は、柱を鉄筋コンクリート造りとし、梁を鉄骨造りとした混合構造を採用しました。
これは、物流倉庫など積載荷重が大きく、また広い空間を必要とする建物に適した構法で、
両者の利点を組み合わせたものです。
■LED照明の導入、太陽光発電設備の設置など省エネ・環境への対応を充実させるとともに、
非常用発電設備を備え、災害等による停電の場合にも業務を継続できる体制を整え、BCPにも対応した物流センターとなっています。

当社は、名古屋港近郊の愛知県飛島村にも、自動車関連の輸出入製品をメインに扱う物流センターを構えており、今後は小牧物流センターとともに両センターの特性を活かして、中京エリアでの物流サービスの一層の拡充を図っていきます。

<小牧物流センター 外観>


<小牧物流センター 概要>
名称 :鈴与株式会社 小牧物流センター
所在地 :愛知県小牧市郷西町17番地
敷地面積 :約17,200m2
倉庫延床面積 :約18,200m2(3階建て)

倉庫の最適立地にお悩みの方、当社の全国120ヶ所の倉庫ネットワークでご提案させて頂きますので、
まずはお気軽にお問い合わせください



2017年02月10日(金)

物流センター・倉庫紹介:第13回 「袋井総合物流センター」


こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの長澤です。

新センターのご案内が続いておりましたので、今回は既存センターのご紹介です。
東海道53宿の中心、日本橋から27番目の宿場町、
静岡県袋井市の「袋井総合物流センター」をご紹介します。

当センターの最大の特徴は、その保管面積の広さです。
26,000坪の一つの敷地内に4棟合計で16,194坪、
これは、北新開物流センターに次ぐもので、保管物量の波動対応力に大変優れております。
広すぎて、倉庫間の移動には車か自転車を使うほどです。

2つ目の特徴は、SIT(Suzuyo Inland Terminal)です。
分かりやすくご説明すると、清水港のコンテナヤード機能の一部が、
清水港から80㎞離れた当センターの敷地内にございます。
清水CY⇔SIT袋井の夜間幹線輸送と、SIT袋井からのショートドレージを組み合わせることで
空コンテナの輸送を減らす、効率的な仕組みです。


<SITの様子>




<その他特徴>
 ・輸出入時荷姿変更作業(入数変更、防錆処理、セット組、輸出用梱包)
 ・樹脂成型品の加工作業(バリ取り、サンディング、部組み、グラフィック貼り)
 ・食品の簡易流通加工(検品、ラベリング、シュリンク等)

■作業物量変動対応
 ・常時約200名の従業員が働いており、入出荷物量の変動に柔軟に対応します。

もちろん、当社が得意とする、BtoB、BtoCの物流センターも運営しております。


<袋井総合物流センター 外観>



<袋井総合物流センター 概要>
名称 :鈴与株式会社 中遠支店 袋井総合物流センター
所在地 :静岡県袋井市新池1077
敷地面積 :26,000坪
延床面積 :16,194坪

倉庫の最適立地にお悩みの方、当社の全国120ヶ所の倉庫ネットワークでご提案させて頂きますので、
まずはお気軽にお問い合わせください





 次ページ>

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員