通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 

2016年12月29日(木)

化粧品物流: 医薬部外品


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの野田です。


年の瀬も押し詰まって参りましたが、皆さまいかがお過ごしですか?今年も残りあと数日となってしまいました。

今年最後に化粧品物流に関するお話をさせてください。


化粧品の中には「医薬部外品」や「薬用」と表記されたものがあります。

化粧品と思われがちな「石鹸」「歯磨き粉」「毛染め」等には予防等の効果があり、

厚生労働省が許可した効果・効能の成分が含まれている場合、医薬部外品に分類されるケースがあります。

『医薬品医療機器等法(旧薬事法)』上、明確に「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分かれており、

販売する場合は、必要な手続きも可能な広告表現も異なります。


医薬部外品は、国内製造又は輸入した医薬部外品を販売・加工するためには、

「医薬部外品製造販売業許可」及び「医薬部外品製造業許可」が必要となります。

対象は「人」だけでなく「動物」も含みます。


これらの許可を受ける事務所又は製造所の所在地の都道府県知事が取り扱い、

「医薬部外品外国製造業者認定」については、厚生労働大臣が取り扱います。

さらに、品目ごとに「医薬部外品製造販売承認」を取得することも、医薬部外品の製造販売を行うために

必要となり、品目ごとの承認については厚生労働大臣が行う場合と、都道府県知事が承認を行う場合があります。 



鈴与では医薬部外品製造販売業者から委託を受け、医薬部外品製造販売承認に則った製造を行っております。

現在、全国に拠点ある倉庫のうち、2拠点において医薬部外品製造業ライセンスを取得しております。

来年2017年にはもう1拠点増える予定です。



さて、鈴与は2017年1月に開催されます「化粧品開発展」に初めて出展します。

化粧品、OEMメーカーが多く出展される展示会ですが、BtoB、BtoCの物流センター運営や原料、

資材等の輸出入手配等物流面でのご提案をさせていただきます。

ご来場予定の方は是非私たちのブース(「販促ソリューションゾーン」3-17)にもお立ち寄りください。



来年も引き続き、鈴与通販フルフィルメントを宜しくお願い致します。

皆さま どうぞ良いお年をお迎えください。



▲静岡県・御殿場物流センター 医薬部外品製造業許可エリア


こちらのセンターにはMULTIVAC(ムルチバック)社製『深絞り真空包装機(R245)』を設置。

ラインに組み込む金型次第で様々な形状の包装対応も可能です。


*******************************************************************************

本包装機に関してのお問い合わせは下記連絡先までお気軽にどうぞ。


メディカルロジスティクス事業部 企画営業チーム 大石

TEL:03-6865-5273



*******************************************************************************




2016年12月29日(木)

新ホームページについて

鈴与の通販フルフィルメントサービスの青木です。


今年の大掃除は、まず物を減らそうと本棚やクローゼットの整理整頓を行い、

紙袋3つ分の本や洋服、雑貨を売りに行ってみました。


洋服は特に値段がつかず、夏物はゼロ円。

とはいえ、捨てようと思っていた洋服に値段が付いたものもあり、捨てるより罪悪感が少ないので、

これからリサイクルストアを活用しようと思います。



さて、いまご覧頂いている通販フルフィルメントサービスのホームページは通販事業者の皆さまに

鈴与のBtoC物流を知って頂く為に開設しましたが、新たに物流全般をご紹介するホームページを

制作することになりました。


BtoCだけではなくBtoBの物流センターの運営実績や、輸入・輸出も含めた海外と国内の物流を

一貫で対応できるサービスやシステム等、鈴与の物流サービスを総合的にご案内致します。


当社サービスを利用頂いているお客様にもご協力頂き、お客様が抱えていた「課題」をどの様に

解消したか?起用後の効果は?等、率直な意見を頂戴したので、お客様の声として掲載致します。


物流センターの切替えを検討されている方に参考にして頂きたく、作り込んでいる最中で、来年

早々にリリース予定ですので、完成しましたら当ホームページでもご案内させてください。



2017年は1月、2月と展示会への出展が続き、多くのお客様とお会いする機会に恵まれそうです。

皆さまのお役に立てる様、物流面からバックアップして参りますので、引続き来年も宜しくお願いします。



2016年12月27日(火)

改正物流総合効率化法施行の影響


こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの川合です。

年末を迎え、更に寒さも厳しくなっておりますが、皆さま、お変わりございませんでしょうか。

10月1日に、物流の効率化を目指した「改正物流総合効率化法」が施行されました。
通販事業者の皆様にはあまり馴染のない法律かもしれませんが、
実は今後、通販事業者の皆様にも関係のある(対応を求められる)法律となるかもしれません。

物流総合効率化法とは、物流を総合的かつ効率的に実施することにより、
物流コストの削減や環境負荷の低減などを図ることを目的とした法律です。
これまでは、大規模物流施設の整備による集約化・総合化を図った案件に対し、
税制上の優遇措置を与えられてきました。

しかしながら、昨今、物流業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
中でも、トラックドライバーの高齢化に伴う人手不足や、
ネット通販の普及に伴う貨物の小口化・多頻度化による積載率の低下などが
大きな問題となっています。

これまでも、対策として、宅配ロッカーの普及や、
路線バスや地下鉄を活用した宅配便の実施試験を行っていますが、
物流事業者や交通機関などが主体となっている事例が多いのが現状です。
まだ具体的な内容は出ていませんが、今後は、通販事業者としても、
積極的に取り組みをサポートすることが求められることが予想されます。

当日配送など、スピード配送を巡る競争が激化する一方で、
このような動きも視野に入れて今後のビジネスを推進していく必要が出てきそうです。

私達、鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、
お客様のご商売の形態1つ1つに適した形での通販物流業務をご提案させて頂きながら、
サービスレベルの向上にも寄与できるよう努めてまいります。

もし、お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。







 

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員