通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 

2015年12月24日(木)

フルフィルメント業務を見直す動き


こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの川合です。


年末を迎え、更に寒さも厳しくなっておりますが、皆さま、お変わりございませんでしょうか。


2015年、今年は、「ラグビーW杯での日本代表の活躍」や「マイナンバー制度の導入」、

「安全保障関連法の成立」・・・いろいろなニュースがありました。


通販業界に関するニュースですと、「機能性表示食品制度のスタート」など、

新しい市場の開拓につながるニュースもあれば、

「ヤマトのメール便廃止」や「大手通販事業者の個人情報漏えい問題」など、

業務系の仕組みに大きく影響するニュースも多かったような気がします。


拡大基調にある通販業界。

来年のトレンドで言うと、やはり売り上げを増やす(新たな需要を創出する)ような「オムニチャネル」や

「越境EC」がキーワードとなるでしょう。

しかしながら、この業界、競争は更に厳しくなってきています。

売上を拡大させる新たな取り組みを考えると同時に、厳しい競争に勝ち残っていくために、

今一度、業務の仕組みを見直すことをされてはいかがでしょうか。


ここ数か月、通販事業者様から、フルフィルメント体制を見直していきたいというお問い合わせが増えてきています。

物流で言うと、通販の配送センターとBtoBの配送センターを分けて運用しているところを一緒にしたい

(在庫を一元管理して在庫圧縮を図りたい)とうご要望が増えてきています。

お話を伺うと、多くのお客様は、これまでのサービスレベルは保ちながらも、

利益を増やすために今までのやり方を見直していきたいという思考が強くなってきていると感じます。


2016年、新たな年を迎えるにあたり、今一度、フルフィルメント業務の方法を見直されてはいかがでしょうか。


私達、鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、お客様のご商売の形1つ1つに適した形での

フルフィルメント業務をご提案させて頂きます。


もし、お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。




2015年12月09日(水)

様々な海外向け販売手法


皆さん、こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの河野です。


最近、通販関連記事を見ると、「越境EC」のキーワードがよくでてきます。

たくさんの通販事業者様が海外向け販売を検討されていると思いますが、海外向け販売には

どんな種類があるか今回ご案内させて頂きたいと思います。


1.海外ECサイトに自社商品を掲載して、販売

最近よく聞く「越境EC」はこの手法になります。中国では天猫やJD等のECモールに出展し、

日本からEMSで配送することが主流となっております。

ただ、出展となると自社運営体制や多額のコストが発生する為、商機があると分かっていても

なかなか決断できないことが多いです。


2.現行のECサイトを多言語化する。

購入者が自ら、通販事業者様のサイトを検索してきて、購入する方法です。

一般的に現行出荷件数の3%~5%に相当する件数のアップが見込めるようです。

但し、外国語対応の人員体制やWebのシステム開発等考えると投資対効果があまり見込めないのが、

現状です。


3.現地販売代理店との提携

BtoBビジネスとして、海外に商品を販売するパターンです。

単純に商品を船便等で輸出するだけな為、現行体制は大きく変えなくも済みます。

但しBtoCと異なり、卸売になる為、利益率は下がります。

また、今後海外ECサイトを出される場合は、既に商品が市場に出回っている可能性がある為、

新商品を開発しなくては、売上を伸ばすことが難しくなります。


4.訪日観光客をターゲット

今年の流行語大賞に選出された「爆買い」にあるように、訪日観光客をターゲットにする手法です。

銀座等観光客がよく訪れる場所に店舗を設け、販売することで売上を伸ばすことが可能です。



このように「海外向け販売」といっても幾つもの手法があります。

海外販売を検討される場合には自社の強みがどこに活かせるか考えていくことが必要となります。



当社では、国内倉庫に加え、輸出業務、海外での倉庫作業等、物流のトータルコーディネイト

サービスをご提供させて頂くことがございます。


国内倉庫の他にも物流でお悩みがありましたら、是非ご相談下さい。




2015年12月04日(金)

通販物流トピック:ギフト対応


こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの青木です。

師走に入り、クリスマスプレゼントやお歳暮、帰省の際の手土産やプチギフトなど、
など贈り物を考える方も多いかと思います。

私は贈り物選びをする際はネットでリサーチをするのですが、通販で贈り物を購入
する際に、ギフトラッピングがネックだなと感じたことがあります。

そもそもラッピングに対応していなかったり、ラッピング対応可、となっていても
どのようにラッピングしてもらえるのか、仕上がりをイメージできる画像がなくて
躊躇してしまい、結局店舗で購入することもあります。
ラッピングに強い強いこだわりを持っているわけではないのですが、悩んで決めた
贈り物ですから、ラッピングでがっかりしたくないのです。

でも通販事業者様の立場になると、ラッピングは手間が掛かるし、資材も用意しなく
てはならず、すぐに対応するのは難しいと思います。

鈴与では、多様なギフトラッピング実績があり、経験豊富なラッピングのスキルが高い
作業スタッフもおりますので、安心してアウトソースしていただけます。

 ・ギフト包装 【動画】
 ・リボン掛け 【動画】
 ・熨斗
 ・メッセージカード
 ・ギフトボックスへのセット組み 等、様々なバリエーションがあります。

セット組みをした後のラベル貼付や賞味期限管理、ラッピング資材もご提案できますし、
熨斗やメッセージカードに関しては、作業時に入れ間違えない仕組みを構築しています。

JADMA(日本通信販売協会)によると、通販で贈り物を購入したことがある方は
2人に1人の割合、という調査結果が出ています。

性別・年代別にみると、30代女性が75.9%と最も多く、特に30~50代女性の
通販での購入経験率が高い傾向にあるそうですが、最も低い10代男女でも32.5%、
60代男性でも33.7%となっており、通販で贈り物を購入するという行動が年代を
問わず定着しつつあることがうかがえます。

ギフトラッピングの発送でお悩みでしたら、是非一度ご相談ください。



 

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員