通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 次ページ>

2015年07月24日(金)

通販フルフィルメントサービス:「波動対応」


皆さん、こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの國本です。

猛暑が続く中、皆様は体調を崩されておりませんか?
私は夏風邪をひいてしまい、咳、鼻水が止まらず辛い毎日を過ごしております。今年の風邪は完治するまでに長い期間が掛かるようです。皆様も体調管理には注意してください。

前回は「顧客対応」について説明をしてきましたが、参考になりましたでしょうか。
二回目の今回は「波動対応」についてご紹介をさせていただきます。

現在、弊社の取引先には化粧品や健康食品を取り扱っている通販事業者様がおりますが、「波動対応」に苦慮している通販事業者様が多いです。
販売促進には様々な施策があり、新聞広告、広告チラシをはじめラジオCM、TVCM等のマスメディアを活用した方法や、メルマガ、DM(メール・紙)の対象者を特定した施策、またWEBを活用したSEO対策、バナー広告等があります。

このような販売促進を行うと、急激に受注件数が増加する場合があります。その際に困るのが、コンタクトセンターの受注業務と出荷作業等の物流業務です。コンタクトセンターの場合は、通常の人員では対応ができなくなり電話受注が取れず、お客様からは「つながらない」といった不満が生じ、売り上げの取りこぼしが発生します。
また物流センターでは通常人員での出荷作業の対応に限界が生じ、お約束していた納品日に間に合わないことがあります。
結果、販売促進を行ったが顧客獲得につながらず売上がアップしない、また定期で購入しているお客様にもご迷惑をお掛けし、定期購入をやめてしまうことにもつながりかねません。

鈴与の通販フルフィルメントサービスでは、販売促進を実施前に通販事業者様と入念に打ち合わせを行い、人員体制を見直し万全な体制を構築して対応をしております。予想以上に反響率が高かった時には次回以降に活かし対応をしております。
しかし、コンタクトセンター会社、物流会社によっては、「波動」に対して人員確保ができない等の理由でお断りされるケースもあると聞いたことがあります。

売上拡大に向けての思い切った販促キャンペーンなどが行えないというお悩みはありませんか。出荷が間に合わなかったり、あわてて誤出荷などのミスが発生したりしていませんか。

鈴与には全国で3,000名の経験豊富なプロの作業スタッフがおり、急激な受注増にも品質を落とすことなく対応することが可能です。また、費用も出荷件数に比例した変動制なので、安心しておまかせいただけます。
コンタクトセンターに関しましても、波動に対応できる体制を整えて安心したサービスをご提供致します。

鈴与の通販フルフィルメントサービスでは通販における様々な課題に対して迅速かつお客様に合わせた提案をしておりますので、お気軽にご相談ください。


次回もお楽しみに!!



2015年07月17日(金)

物流センター・倉庫紹介:第7回 「市川物流センター」

こんにちは、鈴与通販フルフィルメントサービスの青木です。


先月から東京に異動してきた同僚や大学時代の友人の結婚式で、久々の再開続いています。

思い出話をしていると当時に戻ったかのような不思議な感覚になり、楽しんでいます。


さて、鈴与では新センターの開設が続いております。

今回は2015年4月10日から営業を開始した新センター「市川物流センター」をご紹介します。


同センターは、東京湾を囲む交通網上に位置し、首都高速湾岸線千鳥町ICから

約4㎞にあるなど、都心に近いだけでなく全国多方面へのアクセスに優れています。


また、高衛生・高照度・高セキュリティの食品関連専用センターとして、配送拠点の要衝で、

充実した流通加工機能を有しており、同一フロアの作業オペレーションに、より高い作業効率と

高い保管効率を実現しています。


その他、当社で提供している「食品共同配送」サービスの拠点機能も担うなど、

今後もこれらの特徴を生かしながらお客さまの多様なニーズにお応えしていきます。


<市川物流センター 外観>

所在地 : 千葉県市川市二俣新町21-2

アクセス : JR京葉線「市川塩浜」駅徒歩圏内、「首都高速湾岸線 千鳥町IC」から約4km

倉庫所管面積 : 4,727坪


倉庫の最適立地にお悩み方、当社の全国の倉庫ネットワークから最適な立地をご提案させて頂きますので、

まずはお気軽にお問い合わせください。


>>有機JAS認定についてはこちら



2015年07月08日(水)

大阪セミナーのご報告


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの渡邉です。


皆さん七夕には何かお願いしましたか?

年を重ねる毎に、何かを純粋にお願いする機会も減ってきたような気がします。

たまには童心に返って、星に願いを・・・というのもいいかもしれませんね。


さて先月、大阪でセミナーを開催いたしましたので、レポートさせていただきます。

ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。


今回のセミナーでは、配送料の値上げ対策として「配送センターの立地見直し」や

「センターの複数配置」による配送料金の最適化をお話しさせていただきましたが、

ご参加された皆様の関心はとても高く、熱心にメモを取られる方が多かったのが

印象的でした。



    

ところで、最近の配送料金の値上げの背景には、ドライバー不足という事情があります。

最近の運送会社の課題と言えば、ドライバーの確保が真っ先に挙げられるくらいで、

この影響は当然ながらコストになって宅配業者にも出てきます。


つまり、今現在の配送料金を単純に値下げするというのは、非常に難しい時代に

なってきているということです。


サイズ一律料金や全国一律料金から、サイズ別・地帯別料金への切替えを

余儀なくされた通販事業者様も多いと思いますが、配送コストを最適化するには、


梱包サイズを小さくする

輸送距離を短くする


ことが、シンプルながらも、効果のある対策ではないでしょうか?


私たちは、お客様と一緒になって、最適な物流体制の構築を実現します。

出荷センター立地の見直しにつきましても、弊社のシミュレーションソフトを使って最適ロケーションを

レポート致しますので、興味のある方は是非お気軽にお問合せください。





 次ページ>

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員