通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 

2015年05月20日(水)

「日本郵便 ゆうパック値上げ」


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの渡邉です。


5月の東京の平均気温は23℃くらいだそうですが、私が以前住んでいたシンガポールでは最低気温が24℃くらいでした。当時は24℃という気温はこんなに寒かったんだー、なんて思っていましたが、日本にいると5月は夏ですね。環境によって体感温度が違うものなんですね。

外と室内の温度差で風邪など引かないように注意してください。


さて、宅配料金の値上げに関する話題をいくつか紹介します。

SGホールディングスの発表では、宅配便単価は2年前から進めてきた単価改善の取り組みは概ね完了したとのことで、2年前に比べて17円アップの値上げができたそうです。ネット上に見る通販事業者のコメントを見る限りでは、もっと上がっているように感じていましたが、大口荷主はわずかな値上げだったのかもしれませんね。

単価改善の取り組みが終了したとのことですが、今後の値上げはないのでしょうか?気になるところです。



また、5月15日には、日本郵便がゆうパックの値上げを本年8月1日から実施すると発表しました。

改訂後の運賃は、60サイズで30~60円、120サイズで60~110円の値上げ、170サイズで190円~320円の値上げとなるようです。

安定的なサービス提供を維持していく上で、人件費の高騰、運送費の上昇などに対応して、適正なコストを反映した運賃体系とするものとしているそうですが、やっぱり値上げかぁ~という感想です。


私たちも宅配便各社とのお取引がありますので、引き続き情報収集をしていきますが、最近の報道を見ていると宅配料金が安くなるということはなさそうです。ということで、私たちは来る6月17日に大阪で通販事業者様向け無料セミナーを開催することにしました。



4月に行った東京でのセミナーと同様、配送料金値上げ時代を乗り切るアイデアを、物流会社ならではの視点からお話をさせていただきます。

また、コストの最適化だけではなく、肝心の売上アップ施策も皆さんの気になるところだと思います。今回もゲストに船井総研のコンサルタントをお呼びし、成功している通販事業者の具体的事例を紹介いただきながら、マーケティング目線でもお話しいただきます。


ご興味がある方は、是非こちらにお越しください。







2015年05月01日(金)

商品開発での成功事例・失敗事例


皆さん、こんにちは。鈴与の通販フルフィルメントサービスの河野です。

明日よりGWですね。この時期は天気もよく、どこに行っても気持ちがいいですよね。


今回は「商品開発」の成功事例・失敗事例をご紹介。
物流会社は色んな通販事業者様とお話をする機会がありますが、商品開発で成功されている
事業者様はいくつかの共通点があることに気づきました。

それは、”自社の商品の強み・弱み”を理解していることです。
自社の新商品となると、開発した苦労から”強み”が先行してしまいますが、売上を伸ばしている
事業者様は市場規模の大きさ、競合企業、顧客ニーズより”強み”と”弱み”を把握され、
通販業界での勝算を見極めているケースが多いように思えます。

また、いくら商品がよくても収益性が高くないといけまんせんので、物流面ではいかに仕組みとして
コストをミニマイズ出来るかがポイントとなります。
最近では配送料の値上げにより、物流費率が高まっていますので、配送料をミニマイズ出来る物流拠点を
検討されてはいかがでしょうか?


鈴与の通販フルフィルメントサービスでは通販における様々な課題に対して迅速かつお客様に
合わせた提案をしておりますので、お気軽にご相談ください。





 

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員