通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 次ページ>

2012年12月28日(金)

食品の通関・食品届の申請について

室長の内藤です。先週はPCが壊れてしまって1週間お休みしました。
今週は食品シリーズの第三弾。輸入通関と食品申請のお話です。
第二段でお伝えした倉庫内の写真は最終号でまとめて掲載させて頂く予定です。


・弊社京浜支店では月間1,100件の輸入通関を扱っております。
 そのうち、食品届けの申請は400件、コンテナ輸送は1,800本を超えます。
 食品の取り扱いは関東地区の通関業者の中でもトップクラスの実績を保有しておりますので、
 何でもご安心してご相談下さい。


・特徴は次の通りです。
 まず通関手続は、「通関データバンク」という弊社独自のシステムにより、
 輸入通関データの蓄積と申告の迅速化を図っております。
 コンテナ輸送は、グループ会社含め豊富な提携先を有し、トレーラーの柔軟な手配が可能です。
 特に関東の港は混み合っておりますので、トレーラーの手配は大変重要な機能であります。


・また「輸入掲示板」という、ネット環境でご利用頂ける仕組みもございます。
 輸入手配の各種進捗状況に関する情報を閲覧頂けるようになっております。


こうした仕組みを、通信販売を行う前に、弊社配送センターでのお手伝いと
共にご提供することが可能です。
是非、弊社のワンストップサービスのご用命を賜りたくお願い申し上げます。



2012年12月26日(水)

通販物流トピック【”当たり前”を見直そう!】

渡邊です。私の担当としては、今回が年内最終になります。


”当たり前を見直そう!”


ある新聞で、老舗の時計・宝石の専門店が、”電池交換・宝石修理を承ります”、
と告知したところ、持込のお客様が急に増えた、という記事が有りました。


専門店は、”電池交換・宝石修理”は当たり前のサービス、という感覚をもっています。
それゆえ、従来はあえてこの当たり前のサービスをお客様にはアピールしていませんでした。
一方、お客様からは、「電池交換はできますか?」・「修理はできますか?」といった
質問が少なくなかったそうです。当たり前のサービスが肝心のお客様には案外知られていない、
ということになります。


この、専門店とお客様とのミスマッチを埋めることが、すなわちお客様の増加に繋がる、
と記事はまとめていました。


実は相手は自分が思う程自分のことは知らない。
また自分は自身のことを相手にアピールしていない。
仕事に限らず日常生活でもいえるかもしれませんね。

ところで、年末年始の大掃除がてら、日常業務の棚卸をされるのはいかがでしょうか。
来年の目標で、受注件数・売上を増やすぞ~!とお考えの皆様、
限りある時間の中で本業以外のアウトソースは、
自社で手が回らなくなる前にご検討されるのがベターです。
そんな時は、是非ともお気軽に当社にお声掛け下さい。


も~うい~くつ寝ると~お正月~・・・ですね。
普段と違う生活リズムで体調を崩されることのなきよう、
皆様良い年末年始をお迎え下さい。
(次回は1月第二週の予定です。)



2012年12月25日(火)

動画紹介:第6回「缶詰打検」について

こんにちは 國本です。

私が掲載するのは本年最後となりました。年明けも皆様の参考になるブログを掲載していきます
ので楽しみにしていてください。


動画シリーズ第6回目は「缶詰打検」についてです。
「打検」って何?説明するより動画を見ていただいた方がわかると思いますので、まず
はご覧下さい。


食品 缶詰打検


おわかりになりましたか。
箱の中に入っている缶詰を叩いていましたね。


「打検」とは、缶・瓶詰の蓋または底を、打検棒と言われる先に小さい球が付いている
棒で叩き、音と手に伝わる振動で、良品と不良品(膨張・モレ・濁音・過量・計量等)を
判別することです。
平成9年3月に輸出検査法が廃止となってから公的資格ではなくなりましたが、技術や
ノウハウがなければできない仕事です。
当社では熟練作業員により、現在も倉庫で作業を行なっております。

鈴与の通販フルフィルメントでは、このような特殊な作業にも対応できます。
自社の作業でお困り事があれば、一度ご相談ください


少しでも為になるブログ掲載をしていきたいと思っていますので、来年も引き続き
宜しくお願い致します。



 次ページ>

お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせ・ご相談は通販担当者をお呼び出し下さい
お問い合わせはこちら

受付:平日9:00-18:00  担当:荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員