通販・EC・小売・卸向けもすべての物流をワンストップでサポート。ロジスティクスのプロフェッショナル、鈴与の通販フルフィルメントサービス。

 次ページ>

2017年06月07日(水)

越境EC動向 2017年6月


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの渡邉です。

いよいよ夏がやってきました。最近禁煙に挑戦しているのですが、ご多分に漏れず、

体重が増加してきました。夏を迎える前に、禁煙とダイエットというヘビーな挑戦をしていきます。


さて、経済産業省が今年の4月に電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました。

「国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破」というタイトルで発表されて

いましたね。


経済産業省によると、平成28年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、

15.1兆円(前年比9.9%増)まで拡大。また、EC化率は、BtoC-ECで5.43%(前年比0.68ポイント増)

インターネットを使ったBtoB-ECで19.8%(前年比0.6ポイント増)で増加傾向にあり、

商取引の電子化が引き続き進展しているそうです。


越境ECに関しては、平成28年において、日本の消費者による米国及び中国事業者からの越境EC

(越境電子商取引)による購入額は2.4千億円(前年比7.5%増)、中国の消費者による日本及び

米国事業者からの越境ECによる購入額は2.2兆円(前年比32.6%増)となっているそうです。

中国の消費者による購入額の伸びの勢いはすごいですね。


ここまで伸びがある市場ですので、多くの事業者様が中国市場への進出を検討されています。

大手モールに出たいけど審査が厳しいことから、自社モールで挑戦してみる事業者様もいらっしゃいます。

私達としても、物流会社の立場で、皆様の越境ECのお手伝いをさせて頂きます!


私達はBtoBの海外向け発送であれば、航空貨物・海上貨物は得意中の得意ですが、

BtoCでもEMSによる発送を行っています。特にEMSは送り先によって必要書類や枚数が変わったりと

書類作成が面倒ですが、鈴与ではシステムを活用して書類作成・送り状作成を行っていますので、

出荷件数が多くても対応致します!


海外向け発送のことで、海外への輸出、海外からの輸入等、何でもご相談に乗りますので、

お気軽にお問合せください。





2017年06月01日(木)

配送の最適化・コストのミニマイズ


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの一言です。

配送料金の値上げが騒がれている中、物流に携わる皆様も頭を悩まされている事と思います。

今回は配送の最適化・コストのミニマイズについてお話しさせていただきます。


現在の物流センターからの発送には、何社の運送会社をお使いですか?

複数の運送会社を使い分けている会社様、管理・オペレーションの都合で1社で対応している会社様、

様々かと思います。


複数の運送会社を使い分けている場合、納品先Aには○○運送、納品先Bには△△運輸といったように、

地域や配送条件にしたがって納品先毎に運送会社を割り振っている会社様が多いかと思います。


仮に路線便・宅配便のいずれでもリードタイム・納品条件を満たせている場合、

1~3個程度の少ない物量であれば宅配便で出荷した方が、4個以上のまとまった物量であれば

路線便で出荷した方が配送コストは安くなります。

しかし、出荷オーダーの物量毎に宅配便と路線便を使い分けるのは容易なことではない為

実際に運用出来ている会社様は少ないかと思います。


鈴与のWMSは自社開発です。納品先別の運送会社指定・納品時間等の設定や、

運送会社毎の料金シミュレーション、運送会社の自動選択等機能が充実しています。

これらの機能を組み合わせる事で、システムから配送の最適化・コストのミニマイズを実現致します。


もしご興味がございましたら是非お問い合わせください。






2017年05月30日(火)

ワインの「保管温度」について


こんにちは、鈴与の通販フルフィルメントサービスの小林です。

ビールが最高においしい季節になってきましたが、

昨年なんとかワインのソムリエ資格を取得できたので本日はワインのお話です。


突然ですがワインの「保管温度」って何度が適温かご存知でしょうか?

ワインの種類は様々ですし、科学的に証明された数字は存在しないようですが、

一般的には14℃くらいと言われております。


またワインは非常にデリケートなもので、急激な温度変化を嫌うとも言われており、

一定の温度で管理することが現段階では良しとされております。


我々が運営している「ファインワインセンター」は、他社様の多大なる協力により、

海外の現地ワイナリーから、日本国内のレストラン・販売店様 等までのワインの物流を

一定の温度で管理するサービスを行っておりますが(地域が限定されている点はご了承ください)

ここでいう我々の「一定の温度」とは14~15℃のことを指します。




▲ワイン保管の様子


保管温度の話と言いながら、営業の話になってしまいましたが、

調達から販売先まで一定温度で管理する「鈴与のファインワインセンター」一度見学に来られませんか?


お気軽にお問い合わせください!



 次ページ>

受付:平日9:00-18:00  担当:渡邉・青木・荻野  公益社団法人・日本通信販売協会 会員